ブラックになってしまった場合

貸金業登録をしているほとんどの金融機関から借り入れが出来なくなります。

ブラックでも借りれるのは、一部のサラ金か裏の融資になります。

小規模のサラ金は、個人の金融事故履歴の内容によっては、ブラックでも借り入れ出来る場合があります。

しかし、金融事故を起こしてから数年が経過して、現在滞納や他者からの借り入れが無い場合に限るケースがほとんどです。

裏の融資

サラ金からの借り入れが無理で次に選ぶのが裏の融資です。

これは、いわゆる闇金と呼ばれるもので貸金業登録をしていない業者が違法な金利で融資をしています。

ブラックになってしまいどうしてもお金が必要な時、金利が高いとわかっていても、借りてしまうことがあります。

闇金には、ソフト闇金と呼ばれる業者があり、違法な金利で融資をしますが、闇金でよくある完済させてくれないなどが無い業者です。

しかし、あくまでも闇金で、どの業者がソフト闇金かはネット上の口コミでの判断に限ります。

貸します詐欺

闇金には、貸します詐欺という手口を行う業者が存在します。

手口は、ブラックで借り入れに困っている人の情報を闇金間の横流しなどによって入手し融資の勧誘をしてきます。

融資を受けようとすると、最初に口座を郵送で送るように指示をして、口座が到着したら融資をすると言ってきます。

実際に口座を送っても融資はされず、業者と音信不通になります。

これ以外の手口もありますが、口座を人に渡す行為は違法なので、詐欺以前に注意が必要です。

口座買取業者

口座の注意という点では、闇金でブラックの人をターゲットに口座買取を持ちかける業者があります。

これは、闇金業者が利用する口座を入手する為に審査無しで口座を買取るというものです。

例えば、口座を数万円で買取るので宅配便で送るように持ちかけてきます。

口座を送ると詐欺業者ではない場合、実際に約束の金額が支払われます

この口座は、闇金で貸したお金を返済させる時の口座に使用するので、闇金と借入者の間でドラブルが起き、警察が介入した場合口座が凍結されます。

また、その口座の持ち主に対しても、闇金の共犯として扱われます。

その為、詐欺業者ではなくても口座を売るなどの行為は、絶対にしてはいけません。

  • entry25ツイート
  • Google+

PageTop