20代の息子が金融ブラックである。

私の気持ちなんて気にせず四年制の大学を2年で中退してしまった。

その後は、情報関係の専門学校に再度入学した。

一回目と同じように奨学金を借り、今度こそ心を入れかえて真面目に資格を取り卒業して就職すると言う言葉を信じた。

アルバイトも始め毎日毎日、決まった時間に車で出ていくので信じきっていた。

専門学校に行っているものだと。

学校から電話

ある日、学校から自宅に電話があり本日も体調不良で学校を休んでおりますがお家にいますか?と。。家にいるわけがない、朝学校に行くと言って出て行ったのだから。

続いて話を聞いてみると体調不良で休んでる日が他にもある。このままだといくら専門学校でも就職の手助けが出来ない。それどころか退学した方が良いのでは。と薦められた。

残高ゼロ

パチンコだった。学校はやめない、パチンコはやめる。を信じてしばらくした頃。

次期の授業料を振り込むのに銀行に行くと奨学金の残高がゼロ。

おかしいと思い学校に問い合わせると。「口座の名義変更されたのはご存知ですか?」の言葉。

その瞬間「やられた」と思った。

奨学金の口座を普段自分が自由に使える自分名義の口座に勝手に変えていたのだ。

問いただすと消費者金融3社、ありとあらゆるカード会社、スマホやiPhoneを何台も契約して転売。

その支払いに奨学金すべてを使いこんだと。

即学校は退学

と同時に毎日毎日請求書の山が送られてくるようになった。

パソコンに記憶させていた私のキャシュカードの番号を使ってワクいっぱいのショッピングまでしていて私もその支払いに追われるハメになってしまった。

以前買い物するからカードを貸してほしいと言われた時、確認しなかった自分をせめた。息子が使ったとはいえ私名義。私は私でその支払いがやっとである。息子の借金まで知った事ではない。

自分のまいた種は自分でなんとかしろ。

東京へ

それしかなかった。

学生によくもこんなに貸したものだと思う程の金額。

東京に行って時給の高い仕事をすると家を出て行ったが時すでに遅し。

総額150万以上の借金は延滞延滞を繰り返し、カード会社の名前から弁護士の名前の督促状に変わり、黄色封筒から、赤い封筒に変わり最終勧告と記されていた。

もはやブラックの王道である

親ならば何とかしてあげたいと思うが下の子供を育てていかなければならない。

どうしようもない。

一括で返済出来ないものは分割にしてほしいと頼みこんだりしている様だが聞き入れてもらえる会社と難しい会社がある様だ。

この状況下でも返済の為にと新規で消費者金融に申し込んだと聞いて呆れてしまった。

すぐに審査も落ちて断られたらしい。

情報センターにブラックでのらないわけがない。

この先息子が融資を申し込んだり、カードローンを組むことが出来ない様に貸金業者協会のお世話になろうと思っている。

自己破産だけは回避してほしいが私には何もできない。

  • entry23ツイート
  • Google+

PageTop