賃貸保証会社に対応出来るアリバイ会社はごく僅かってホント?

賃貸物件をいかに気に入っても、入居審査に通らなければ賃貸借契約を結べません。

収入はあるにも関わらず、賃貸保証会社の審査に通らないために入居出来ないと困っているならば、アリバイ会社選びを真剣に行ってみると良いでしょう。

なぜなら、本来は保証人を立てれば済む部屋であっても、不動産屋の都合で賃貸保証会社を付けているケースがあるからです。

賃貸保証会社は、数多くの保証業務を行っているので、アリバイ会社を利用した場合にはデータベースにより同じ会社の利用者が多数存在することになります。

アリバイ会社として自社で在籍会社を用意する場合には、在籍会社のバリエーションが不足しがちです。

同じ会社内で似た職種にも関わらず、年収額に大きな乖離があれば不自然です。

アリバイ会社を使う理由として、賃貸保証会社の審査を通すためであれば、成功報酬型後払いのアリバイ会社を使うと良いです。

なぜなら、賃貸保証会社の審査に通過した場合のみ料金が発生する形ならば、賃貸物件契約が出来るように同じ保証会社に対して同一職種をカブらせないよう工夫するからです。

実際に社員が働いている会社を協力会社として全国に持っていれば、必要に応じて勤務先登録が出来るので、安心して利用できます。

賃貸保証会社の審査に通りやすいアリバイ会社は、成功報酬型後払い式が多いと知っておくと良いです。

  • entry35ツイート
  • Google+

PageTop