賃貸物件探しはアリバイ会社と不動産屋のどちらを先にしたら良いの?

賃貸物件を探す時に、アリバイ会社を確保してから不動産屋へ出向く人が少なくありません。

確かに不動産屋の受付をする際には、勤務先名を記載する必要があるので、アリバイ会社を先に確保しておくことが正解と考えられます。

しかし、本当に借りたい部屋が見つかった時に、アリバイ会社に対する理解がある不動産屋を利用していなければ、思わぬ所で足をすくわれかねません。

賃貸物件を数多く扱う不動産屋では、主な収入源が仲介手数料とオーナーから出る広告費ですから、入居申込者が審査落ちをすると一切の収入が入りません。

入居申込者の多くは、アリバイ会社が原因だと考えてしまい、すぐに次の不動産屋へ出向いてしまうことが多いですが、実は不動産屋の中にはアリバイ会社への理解を示す会社が存在します。

不動産屋としては、アリバイ会社を通せば問題なく入居出来るだけの人ならば、最初から提携しているアリバイ会社を紹介してくれる所があります。

どの賃貸物件ならば、どのアリバイ会社なら通るかといった事情を把握しているので、最初から保証会社と賃貸物件の組み合わせを熟知している不動産屋へ相談しておけばアリバイ会社を申し込みし直す必要がありません。

自営業者や特定の職業だと最初に打ち明けた上で、勤務先名により審査が通りにくいと話してアリバイ会社を紹介してもらえる不動産屋を選べば、審査落ちの心配を最小限にして気に入った部屋を申し込み出来ます。

最近、気になっているアリバイ会社をご紹介

高級賃貸専門アリバイ会社、在籍・代行は契約サポートへ

代行とは聞きなれない言葉ですが、不動産業界で言う代行とは名義貸しの事です。結構、イケイケのアリバイ会社みたいです。

  • entry34ツイート
  • Google+