賃貸保証会社に対応出来るアリバイ会社はごく僅かってホント?

賃貸物件をいかに気に入っても、入居審査に通らなければ賃貸借契約を結べません。

収入はあるにも関わらず、賃貸保証会社の審査に通らないために入居出来ないと困っているならば、アリバイ会社選びを真剣に行ってみると良いでしょう。

なぜなら、本来は保証人を立てれば済む部屋であっても、不動産屋の都合で賃貸保証会社を付けているケースがあるからです。

賃貸保証会社は、数多くの保証業務を行っているので、アリバイ会社を利用した場合にはデータベースにより同じ会社の利用者が多数存在することになります。

アリバイ会社として自社で在籍会社を用意する場合には、在籍会社のバリエーションが不足しがちです。

同じ会社内で似た職種にも関わらず、年収額に大きな乖離があれば不自然です。

アリバイ会社を使う理由として、賃貸保証会社の審査を通すためであれば、成功報酬型後払いのアリバイ会社を使うと良いです。

なぜなら、賃貸保証会社の審査に通過した場合のみ料金が発生する形ならば、賃貸物件契約が出来るように同じ保証会社に対して同一職種をカブらせないよう工夫するからです。

実際に社員が働いている会社を協力会社として全国に持っていれば、必要に応じて勤務先登録が出来るので、安心して利用できます。

賃貸保証会社の審査に通りやすいアリバイ会社は、成功報酬型後払い式が多いと知っておくと良いです。

賃貸物件探しはアリバイ会社と不動産屋のどちらを先にしたら良いの?

賃貸物件を探す時に、アリバイ会社を確保してから不動産屋へ出向く人が少なくありません。

確かに不動産屋の受付をする際には、勤務先名を記載する必要があるので、アリバイ会社を先に確保しておくことが正解と考えられます。

しかし、本当に借りたい部屋が見つかった時に、アリバイ会社に対する理解がある不動産屋を利用していなければ、思わぬ所で足をすくわれかねません。

賃貸物件を数多く扱う不動産屋では、主な収入源が仲介手数料とオーナーから出る広告費ですから、入居申込者が審査落ちをすると一切の収入が入りません。

入居申込者の多くは、アリバイ会社が原因だと考えてしまい、すぐに次の不動産屋へ出向いてしまうことが多いですが、実は不動産屋の中にはアリバイ会社への理解を示す会社が存在します。

不動産屋としては、アリバイ会社を通せば問題なく入居出来るだけの人ならば、最初から提携しているアリバイ会社を紹介してくれる所があります。

どの賃貸物件ならば、どのアリバイ会社なら通るかといった事情を把握しているので、最初から保証会社と賃貸物件の組み合わせを熟知している不動産屋へ相談しておけばアリバイ会社を申し込みし直す必要がありません。

自営業者や特定の職業だと最初に打ち明けた上で、勤務先名により審査が通りにくいと話してアリバイ会社を紹介してもらえる不動産屋を選べば、審査落ちの心配を最小限にして気に入った部屋を申し込み出来ます。

最近、気になっているアリバイ会社をご紹介

高級賃貸専門アリバイ会社、在籍・代行は契約サポートへ

代行とは聞きなれない言葉ですが、不動産業界で言う代行とは名義貸しの事です。結構、イケイケのアリバイ会社みたいです。

ローンを組むならばアリバイ会社

住宅ローンや車のローンなど長期的にお金を借りるときには、仕事をしている実績と収入が必要になります。

非正規労働者であったりアルバイト勤務であったりすると、勤務実績が少ないためにローンを組むことを拒否されてしまうことが多いです。

こうなると多くの収入があっても、住宅を建てたり車を購入したりと言うことができなくなります。

こうした状況の時に頼りになるのが、アリバイ会社です。

この会社に登録をしておくことによって、勤務実績を作ることができます。

勤務に関する証明書を発行してもらったり、源泉徴収票を発行してもらったりすることができるので、会社に勤めている実績を作ることができます。

この実績を利用すればローンを組むことが可能になります。

ローンでは信用得ることがされても大切です。

会社によっては、ギャンブル系の会社であったり水商売系の会社であったりするだけでローンの審査が断られてしまうケースもあります。

アリバイ会社を利用するとなると、登録等の手続きが面倒なようなイメージがあります。

しかし実際には、電話やインターネットなどを利用して簡単に登録をすることができます。信用を得るために使うのであれば、とても便利で使いやすいのがアリバイ会社です。

  • entry33ツイート
  • Google+